Menu

ナエマが咲いています。香りがとてもいいところがナエマの特徴です。でも、大きく育ってしまうので持て余し気味。つる仕立てはやめてブッシュにしたこの一年間でしたが、剪定が甘かったのかとっても大きくなってしまいました。来年はもっと思い切って低く剪定してみようかな?でも、つる仕立てでうまくいかなかった去年よりは蕾もたくさんついて楽しむことが出来ました。来年またがんばろー。ナエマは可愛いですからね♪...

我が家で育てているティーローズ三姉妹をご紹介。初めてのティーローズはこの子でした。セレスムルティフローラ上の写真の奥に見えているのが2つ目のティーローズ、マダムジョセフシュワルツ。3つめがこちら。マドモアゼルフランチェスカクリューガーこれからゆっくり時間をかけて開いていきます。今年は全体的にバラのお手入れが手抜きでした。液肥は一度もあげていません。定期的に置肥だけはあげていましたが。そのためか、四...

ユキの写真がうまく撮れました^^命の次に大事にしている「ブル足」のおもちゃを求めています。わたしが取り上げて机の上に置いたのですが、どうか下さい、と懇願しているお顔。いいから早くブル足を下さい。。。このクッションカバーはすっごく毛玉だらけなのですが、なぜかというとカーテン生地だから。カーテンをオーダーした時に同じ布でクッションカバーを作ってくれるというサービスがあったのですが、やはり用途に合った生...

モスローズ  ジェームズヴィッチ (ジェームズヴィーチ)一季咲きが多いモスローズの中で、この品種は四季咲き性があり、あまり大きくならないようです。このバラの特徴は、秋の花が素晴らしいという事。待ちに待った秋のジェームズが咲きました。春夏より、色の深みが出てきました。香りもとてもいいです。黄色いシベとのコントラストもいい感じ。ボタンアイが出ることもあります。次に咲くお花はさらに期待できそう。蕾はまだ...

ティーローズ  マダムジョセフシュワルツ本当によく咲くオールドローズほんのりピンクの乗った白い花弁がなんとも美しいわかりにくいのですが、かなり大きく育ってしまった?とにかくあっちこっちからどんどん芽を出しては蕾を作り、花咲かせます。冬になったら思い切って枝の整理をしないと。...

イングリッシュローズ  チャールズレニマッキントッシュが咲きはじめています。春のお花より小振りですが、可愛らしいお花。私が育てているERの中で最も樹形がコンパクトです。そして最も花付きがよく、夏の花がまた最高に可愛くて一番好きなERです。香りはあまりないのですけどね。...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。