Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
3月12日の鳥見


近所の河原の近くにあるいつもの公園へ。

最近は河原ばかりに行っていたので公園へは久しぶり。お正月以来です。

今回はニコワンです。

写真はクリックすると拡大します。



池にはたくさんの水鳥がいます。
1_20160313160320290.jpg
オカヨシガモのペアかな

オオバンが一番多いと思いますが、その他にはコガモ、オナガガモ、マガモ、カイツブリ、カルガモ、バン、、、

この日はあまり詳しくは観察せず。





ツグミ
2_2016031316032186c.jpg
こちらもペアかも?

ツグミはここで繁殖してからシベリアの方に帰るのかな?

でも、ツグミの子育てや幼鳥は見たことないので北へ戻るために集まり始めてるのかな。

帰りに寄ったいつもの河原でも数羽で一緒にいるツグミをみかけました。



イソシギ
3_20160313160322c34.jpg
水浴び後の羽繕いでイナバウワー状態


地上にツグミ発見
4_20160313160323b06.jpg


ツグミのとなりには・・・
5_2016031316032466a.jpg
タヒバリ



6_201603131623080b9.jpg

7_20160313162309b55.jpg
タヒバリは可愛い声で鳴きながら飛びます。


ユリカモメ
8_20160313162309933.jpg
綺麗に撮れませんでしたぁ


そしていました~オオジュリン
9_20160313162311ffc.jpg
この日の目的はオオジュリンでした

脇に褐色の縦班があるのでメス・・・・?


背中を見てもよくわからない
10_20160313162312980.jpg
色が濃いしオス?


お腹に縦班なので冬羽のオスか??
12_2016031316233759f.jpg


これはー
13_20160313162338576.jpg
夏羽になりかけてるメス??オスか??

脇だけに縦班ならメスっぽいけどこの班の入り方はよくわかんないです。

オスの冬羽は、下面に縦班と図鑑に書いていますが。。。


もうお手上げです^^
14_20160313162339025.jpg
オスの冬羽ってことで。

草の中からひらけた所に出てきたところをうまく撮りたいと狙うのですが、出てきたら慌ててピンボケするしでうまくいきません。

なんとか撮れたものだけ選びました。

丸っこいクチバシが可愛い鳥さんですね。


コサギ
11_20160313162336c7f.jpg
ただ歩くのでなく、足踏みしながらエサを探していました。

地面の中にいる虫を掘り起こしているのかな。



オオジュリンを必死になって撮っている時、ファインダーを覗いている私の耳と視界の隅にカラスの騒ぐ声と黒い姿が飛び込んできました。

オオジュリンに夢中だったのですが、ちょっと見てみると数羽のカラスと1羽の灰色の鳥・・・・・・

肉眼ではよくわからずいったんオオジュリンに戻ったのですが、もしや?と思い灰色の鳥を拡大して見てみるとハイタカでした。

私は猛禽を見ると俄然テンションがあがります。

あーでも今オオジュリンがでてるのにーと思いながらハイタカも撮ってみました。遠かったですが^^


15_201603131623410eb.jpg

16_20160313162358744.jpg

17_20160313162359f28.jpg

18_20160313162359b1a.jpg

19_20160313162400a48.jpg

20_20160313162402a5f.jpg

カラスはいつもいつも猛禽にイジワルしています。

この時はオオジュリンを撮っている間にいなくなっていました。どこに行ったのかな。

ハイタカは飛んでいる姿しかみたことなくて、こんな灰色だとは知りませんでした。ハイタカたる所以でしょうか。


帰りに寄った河原にて。
21_20160313162418125.jpg
ツグミが割と近くの枝に留まったので撮影。

でも、枝がうるさいかな?と思い移動して撮影。

22_201603131624188a7.jpg
最近、できるだけ背景を考慮した構図を作るよう心がけていますが、なかなか難しいです。



そうそう、またまた親指AFの話です。

昨日の記事の訂正があります。

今日D3300で確認したのですが、シャッター半押しでも親指AFのボタンでもどちらもVRが効いていました。

ちゃんと意識して使ってなかった自分が嫌になりますが、今日そこに集中してファインダーを覗いたとき、VRが効いたときはピタッと映像?が停まるんですね。びっくりです(笑)

ただ普通にファインダーを覗くと、そこに写っているものがゆっくりとゆらゆら動いているのです。

これは望遠レンズがよりそうなるのかもしれません。

あきらかに揺れています。ずっと見ていたらもしかすると酔う?くらいの感じ。

でもシャッター半押し、あるいは親指AFボタンを押すとピタッと止まるのです。

私がきのう書いた内容は、ネットでみつけた別機種ユーザーの方の話だったのですが、D3300は初級機とはいえ割と新しい機種なので仕様が違っているのかもしれませんね。


それともう一つ、自動露出(AE)の事。

シャッター半押しすると自動露出されると書きましたが、VRをきかせたい場合、シャッターボタン半押しじゃない方法があることがわかったのでクリアーしました。

AEはどっちみち常に行われているが、シャッター半押しをするとメニューから任意で「AE固定」ができるということもわかりました。

<私の結論>

親指AFの場合、VRも効かせてなおかつAEも自在に(自動のままでもいいし固定したいときは固定する)なる方法は、

①メニューで「シャッター半押しでAFAE固定」をオンにしておく

②通常撮影では、親指でAFしてVRも効かせ、最後にシャッターを押して撮影する

③露出を任意でしたいときは、測光したい場所でシャッター半押しし、そのまま今度は撮影したいものに親指でAFして最後にシャッター全押しして撮影。

こんな感じで合ってるでしょうか。不安^^;


やばいやばい。

だんだんマニアックになっていく。でも知らないことを知るのは楽しい。




NIKON1 V1 + FT1 + NIKKOR AF-S 300mmf/4E PF ED VR







スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。